四柱推命の空亡(天中殺)について

さて、四柱推命で自分を知って、どう進むかですが、生まれた生年月日でまずは自分の命式を作ります。

命式は、その年としに示された十干を持って星を出します。十干とは木、火、土、金、水の五行でその五行の陰陽を持って、十干となります。そして、十二支でそれぞれの星の強弱を出し、繰り出された星のパワーがわかります。

 また、五行(木火土金水)は循環するようになっています。うまく流れる事で、健康やスムーズに物事が進んでいけるということです。でも、そこには歳運、年運等色々な要素(星)が巡って、行運に影響う与える事になります。それをどのように判断し、どのように動くかが大切です。自身を過剰評価するでもなく、悲観的に見るのでもなく上手に道路条件を読み取ることが大切です。

四柱推命の空亡とは

 皆さまが良く知っている(空亡)又は(天中殺)とも言われている言葉ですが、どの方も必ず持つものなのです。十二支の内ニ干支は(空亡)になります。(わたしは、空亡と呼びます)空亡に入ると何もできなくフリーズ状態のようで、不幸が来るように思いがちですが、ちゃんと命式を読み、対処することで大難が小難となり回避することもできます。そして、私は大運の空亡は取りません。20年もの間、動けなければ、大切な人生の時間わとても無駄に奪われることとなります。

 空亡は、命式の中や歳運、月、もう少し細かく言えば日にも現れます。どこにあるかを判断し、強弱も読みどのように心して動くかです。何も怖がることもないのです。 字の通り(吉)を(空)にするが、(凶)も(空)にするということです。そして、付いている場所でどのように心して動くかです。 それは、自身を知ることで前もって、準備もできます。

四柱推命は自身の生年月日特に月(月柱)を中心に読み解くことで、人となりを深く理解していくことに

 四柱推命は自身の生年月日特に月(月柱)を中心に読み解くことで、人となりを深く理解していくこととなります。 本当に同じ星を持っている人はどれくらいでしょう? 生年月日が同じでも生まれ時間で、大きく判断が変わることもあります。

 人は生来真面目で努力家です。空亡の時ほど頑張るようです。さて、次のときに疲れて馬力が入らない。そんな時は、少し方に力を抜いて、一息入れ、周りの言葉やお世話に耳を傾ける時間を持ってもいいのではと思います。お日様は回っています。そして次に来る時間のために(シフトアップ)の用意です。

 例えば、歳運2年も空亡と思われるでしょうが、四柱推命のよくできていると感心させられるのは、ちゃんと動ける隙間?(空亡を切る)タイミングを作っています。 だから、自身を知ることで、物事の対処がうまくできるように、計画が立てやすくなるのです。

 - すべての記事 , , , ,